仮想通貨基礎知識

仮想通貨の採掘(マイニング)とは?発掘すれば利益は出る?

投稿日:2018年1月10日 更新日:

最近の仮想通貨は日本で多くの人が知るものとなりましたが、採掘(マイニング)をご存知でしょうか?

仮想通貨を昔からやっている人と話していると、当たり前のように出てくるマイニングという単語ですが、なんとなくは分かるものの一体どういうものなのか詳しく理解している人も少ないです。

そこで今回は仮想通貨の採掘、いわゆるマイニングとはいったいどういうものなのか、仮想通貨を始めたばかりの人でも分かりやすく、簡単にまとめてみました

 

仮想通貨の採掘(マイニング)とは?

仮想通貨の採掘(マイニング)とは簡単に説明すると、仮想通貨の運用を手伝ってあげる代わりに報酬として仮想通貨をもらう仕組みとなっています。

例えばマイニングが出来るビットコインで説明してみましょう。ビットコインは通貨としての役割を持った仮想通貨であり、毎日ビットコインの送受信が世界中で行われています。

そのビットコインの送受信を手伝うのがマイニングです。

日本円や米ドルなどを送受信する場合は銀行を通してやり取りするため、銀行が送受信の手続きをしています。しかしビットコインなどの仮想通貨は非中央集権ですので、銀行などの誰かを通してやり取りすることはなく、個人間同士でやり取りをしているのです。ただそうなると取引の記録を取ってくれる人がいません。

そのため有志を募って、ビットコインの送受信における取引の記録をつけてもらっており、その対価としてビットコインが支払われます。これがマイニングの簡単な仕組みです。

 

採掘(マイニング)と呼ばれる理由

取引の記録をつけていくだけの作業なのに、どうして採掘(マイニング)と呼ばれているのかですが、取引を記録していく上でビットコインを貰える仕組みが、まるで金鉱山を採掘しているかに見えるため、マイニングと名付けられました。

金⇒ビットコイン
ツルハシ⇒パソコン

ツルハシで叩けば叩くほど金が出てくるように、パソコンでマイニングをすればするほどビットコインが出てきます。

もちろんビットコイン以外の通貨をマイニングすることも可能です。

ビットコインは発行上限が決まっていますので、埋蔵量に限りのある金になぞらえたのでしょう。

またツルハシが良いものに変われば、採掘効率が変わり、短時間で金が取れるようになるのと同じように、パソコンのスペックを上げれば上げるほどビットコインをたくさん取れるようになります。

 

採掘(マイニング)で利益が出る仕組み

マイニングをしている人のほとんどは利益を得るためにやっています

当然と言えば当然なのですが、マイニングをしている人のほとんどはマイニングによって得た仮想通貨を、市場に売ることで利益を出しているのです。

また仮想通貨によりますが、マイニングできる銘柄はビットコインやイーサリアムの他にもたくさんありますので、マイナーによっては掘る通貨を時期によって変えている人もいます。

ちなみにマイニングで掘った通貨はそのまま利益となるわけではありません。マイニングするためにかかる電気代や設備代などを考えると、最初の頃はそれほど利益が出るわけではないです。ただマイニングして保有している途中で仮想通貨特有の大暴騰が起これば、一気に初期費用を賄えるチャンスもあります。

ちなみに高性能のパソコンでなくても掘れる通貨はありますので、あなたがお使いのパソコンを使ってマイニングしてみても良いかもしれません。

ただ電気代のほうが高く付いて利益どころか損をするということもありますので、マイニングを始めるのには注意が必要です。

 

仮想通貨を採掘(マイニング)するのに必要なものとは?

仮想通貨市場はかなり盛り上がってきており、今ではマイニングするためにPC設備を買い揃える人がかなり増えています。

そもそもマイニングをするには高性能のPCが必要とされていることが多いです。採掘する通貨の銘柄にもよるのですが、ある程度お金をかけないと掘れない通貨がほとんどと言っても過言ではありません。

もともとはビットコインも家庭用のPCでマイニングできたのですが、今ではマイニングしている人が増えてきたせいで性能の高いPC環境がないと満足に掘れない状況となっています。

ちなみにマイニングに必要なものは主に3種類です。

【マイニングするのに必要なもの】

  • ウォレット
  • インターネット環境
  • マイニングマシン

ウォレットは様々な種類があり、通貨によって扱えるウォレットが違いますので、仮想通貨をマイニングする際は掘る銘柄のウォレットを作るようにしましょう。

またインターネット環境は必須です。Wifiでも良いのですが、通信が途中で落ちないように回線をつなぐタイプの方が良いでしょう。またADSLよりは光回線を利用したほうが確実です。

さらにいちばん重要なのがマイニングマシンでしょう。

マイニングマシンは自作するのがほとんどですので、まずはPCパーツを揃えるところから始めると良いです。

  • マザーボード
  • CPU
  • メモリ
  • GPU
  • HDD
  • OS
  • 電源
  • リグをおくケースやラック
  • 組み立てるために必要なその他細かいパーツ(電源スイッチなど)

基本的にPCを組み立てるときと似たような部品を使いますが、中でも重要なのはGPUです。GPUの性能が良ければよいほど作業効率が上がり、掘れる仮想通貨の量も変わってきます。

HDDは最低限必要なもので良いですが、他のものに関してはできるだけ良いものを選んだほうが良いです。

 

誰でもマイナーになって仮想通貨を得ることはできる

マイニングをする人はマイナーと呼ばれており、誰でもなることができます。マイニングする環境さえ整えば、誰でもマイナーとなり、仮想通貨を採掘することが可能です。

特別な資格などは必要なく、マイニングしたい時にして、やめたいときはいつでも辞められます。

またわざわざマイニング専用のマシンを使わなくても、家でゲーミングPCがある方はそのパソコンでマイニングしてみるのも良いかもしれません。

ゲーミングPCなら基本的に仮想通貨を採掘できる環境が整っていますので、初期コスト無しで始められます。マイニングの効率は日々変わっていますので、まずは現状で掘りたいコインがどれだけ掘れるのか試してみるのも良いでしょう。

 

仮想通貨の採掘(マイニング)は儲かるの?

仮想通貨をマイニングすると言っても、一番心配なのは本当に儲けが出るかどうかです。

マイニングをするには初期投資だけではなく、マイニング時にかかる電気代などのコストもかかります。

特にリグ1台作るために20万~30万円かかるとすると、マイニングで得た仮想通貨を売却するにしても、初期投資と電気代をペイするには半年ぐらいの期間を見積もったほうが良いでしょう。

また仮想通貨にはそれぞれディフィカルティと呼ばれる採掘難易度が設定されています。仮想通貨によりますが、ディフィカルティは定期的に変更されるケースが多く、時期によって採掘効率は変わるのです。

ディフィカルティという懸念もありますので、マイニングは急に効率が悪くなり、ペイできなくなる状況も考えられます。マイニングをする際はある程度、通貨の将来性や採掘効率を考えてから、マイニングする通貨を決めると良いでしょう。

マイナーな通貨は暴騰すればかなりの価値になりますが、同時にすぐ消えてなくなってしまう可能性もあります。マイニングの通貨選びはできるだけメジャーなものから最初は選ぶと良いでしょう。

 

予算に合わせて仮想通貨を採掘(マイニング)してみる

マイニングに興味を持っているのであれば、試しに一台ぐらいリグを組んでみてはいかがでしょうか?

現在はマイニングが人気すぎてGPUの品切れ状態が続いているほどです。仮想通貨は一度落ち込みはしたものの、長い目で見るとまだまだ価値が騰がっていくと言われています。

実際にどうなるかは分かりませんが、DMMなどの大企業がマイニング事業に乗り出していたり、とある一国の消費電力の50%以上がマイニングに使われていたりなど、マイニング事業は今後も盛んに行われていくでしょう。

一度セットアップすれば、あとは放っおくだけで仮想通貨をザクザク掘ってくれますので、1つの投資だと思ってやり始めてみるのもおすすめです。

-仮想通貨基礎知識

Copyright© 仮想通貨のことなら『バーチャルコインジャパン』 , 2018 AllRights Reserved.